フリーレントは交渉出来るの?

フリーレントは、交渉出来るもの?

 フリーレントは結論…交渉は出来るが、必ず…ではありません。

そもそもフリーレントっていう言葉とは…。

簡単に説明すると、『賃料無料』という直訳通りの意味になります。

賃貸不動産には、よく発生する言葉の『フリーレント』ですが、

このフリーレントの使い方としては、大きく分けて2種類あります。

 

【貸主が空き物件の借主候補を集める為の手段】

 空き物件に対する借主候補を募る際に、

 他の対抗物件と比べてメリットを持たせる為に

 貸主の必要な経費として、初回賃料無料期間を設けるという事です。

 借主目線とすれば、賃料無料期間があれば非常にありがたい事になりますので、

 同じサイズや同じような物件がある場合に比較対象メリットとなります。

 

【借主が移転しやすくする為の手段】

 借主が新しく物件を借りる場合は異なりますが、

 移転となる場合、現在利用中の物件の解約には解約予告期間が

 必ず設定されています。

 

 ※貸倉庫の解約について…

 

 住居・居住物件は1ヶ月前予告ですが、

 貸倉庫等の事業用物件の場合は、3~6ヵ月前予告が一般的です。

 物件を探す際は、移転先を決定してから、解約予告を提出する為、

 どうしてもダブル賃料の支払いになりやすくなります。

 目ぼしい移転先が決まれば、そのダブル賃料を回避する為に、

 このフリーレントと言う交渉手段を利用する事が多いです。

 

 

大きくは、この2つの手段で使う事が多い交渉術の一つです。

この交渉術を使う側の使い方次第という事での異なりは有りますが、

フリーレントの意図するところとしては、

同じ【賃料無料】期間の事を指し示します。

 

”貸主は、早く良い借主を見つけたい”…そのために、フリーレント付き物件とする!

”借主は、ダブル賃料を避ける為に”…そのために、フリーレントの交渉をする!

 

 

一般的によく聞くフリーレントと言う交渉術の一つではありますが、

必ず相手側に対して通用するというわけではありません。

(相手側や物件内容によって変動します。)

フリーレントの交渉材料として、貸主から追加条件が発生する事も一般的です。

 

例えば…

 

『貸主からフリーレント3ヵ月を差し上げます…

 但し、2年以内に借主都合で契約の解約・解除・退去した場合は、

 貸主より差し与えたフリーレント期間分を違約金とする…』

 

というような違約内容が付いてきます。

 

貸主と借主は、50/50の関係であり続けなければ、

良い関係を継続できませんので、お互いの歩み寄りという意味で、

このような違約内容で落としどころを決めるという事があります。

 

もちろん、この内容が全てではありません。

様々な用法で、フリーレントと言う手段を活用する事は有ります。

その活用方法は、概ね当事者か、よくできた不動産会社の営業マンの力量によると思われます。

 

※失敗しない不動産会社の選択