失敗しない不動産会社の選択

貸倉庫を借りた時の様々な失敗例

・貸倉庫を契約し、実際使い始めると狭くて物が入らなかった。

・倉庫内での作業が禁止と知らずに契約してしまった。

・荷物の搬入をする際にトラックが通れない。

契約を締結した後に上記のような事態が発覚した場合、借主にとっては大きな損害になります。

そのような事態が発生する前に貸倉庫専門の不動産会社に相談するようにしましょう。

 

失敗しない不動産会社の選択

 貸倉庫を多数取り扱う専門不動産会社に問い合わせる

住居用売買賃貸・店舗売買賃貸・倉庫売買賃貸・工場売買賃貸等、

物件にも様々な種類があり、その中でも住居用賃貸を得意とする不動産会社、

倉庫の賃貸売買を得意とする不動産会社等、不動産会社でも特色があり得意・不得意がございます。

しっかりとご自身・企業が探している条件に適合した不動産会社を選択する事で、

物件選びの失敗は極端に少なくなります。

 

 

条件に合った専門不動産会社を探す

不動産会社のホームページに掲載されている物件情報を見ると、その不動産会社の特色が分かります。

不動産会社も自らが得意としない分野で勝負することはありませんので、

ホームページには得意とする物件情報が多く掲載されております。

仮に貸倉庫を専門に取り扱う不動産会社は、住居用の物件等は概ね掲載されておらず、

貸倉庫・貸工場物件などがほとんどを占めます。

 

専門不動産会社の判別がホームページ上で、ある程度明確になったところで、

次にその不動産会社の得意とするエリアかどうかを調べてみると良いです。

 

不動産会社は、得意ジャンルもありますが、得意エリアもあります。

 

例えば、ホームページに掲載されている物件が全国規模や近畿全域などであれば、

その不動産会社は広く情報を集める事が出来る企業であると思いますが、

その反面、地域独自の細かな物件情報には疎い点もあります。

得意エリアがある程度限定されている場合は、広く情報を集める事が出来ないかも知れませんが、

その反面、地域独自の細かな物件情報が手に入る可能性が高いです。

 

どのような目的でどのような貸倉庫物件を探しているのかを明確にした上で、

どの貸倉庫専門不動産会社に問合せしたら良いのかをホームページを見て

判断してみましょう。

 

 

少し偏った不動産会社ホームページの見方として…

 

他社ホームページと同じ貸倉庫物件が多数掲載されている事もあります。

同じ貸倉庫物件ばかりが掲載されているホームページは、

貸倉庫専門不動産会社ではあると思いますが、

得意分野が少ない不動産会社であるとも言えます。

 

得意分野と探している内容に当てはまる不動産会社が一番チカラになってくれると思います。