貸倉庫や貸事務所に関連する用語

鉄骨造

S造とも言い、その名の通り、鉄骨を柱や梁に利用して建築されている建築構造方法になります。

建物の階数が低い建築物だけでは無く、様々なビルやマンションなどにも利用されております。

厳密にはその建物の構造によりますが、基本的に木造などよりも耐用年数も長くなりますので、新築時などで言えば減価償却期間も長くなりますし、しっかりとした建築物になり得ると思われます。

一般的な解釈になりますが、鉄骨造は、柱・梁などが鉄骨で構成されておりますので、地震などの揺れに強いとも言われてます。(想定外レベルの大震災などは含みません。)

しかしながら、鉄骨造になりますので、揺れに強くとも、鉄ですので熱に弱い為、火災などには弱い性質があります。よって、地域や構造上などの理由から耐火建築物として、耐火被覆しなければならないなどのケースも多々あります。

鉄筋コンクリート造

RC造とも言います。主に高層階になるマンションやビルなどの建築時に利用される建物の構造の事を言います。平家建の貸倉庫や2階建ぐらいの建築物には、ほぼ用いられる事は有りません。

鉄筋コンクリート造は、鉄筋に対してコンクリートで囲って柱にしている為、火災などの災害に対しては強くあります。ただ、大地震などの揺れに対して、コンクリートが揺れを吸収できない為、クラック(ひび割れ)などが入りやすい点がデメリットです。

鉄骨鉄筋コンクリート造

SRC造とも言われます。主に高層マンションや駅前ビルなどの、高層かつ安全性を保つ為に利用される事が多い建築構造になります。

ただ、どうしても安心安全性を求めるがゆえに、建築コストが非常に高くなってしまいます。但し、災害級の大震災などが起こった場合、建物崩壊の可能性は低くなります。

理由としては、揺れに対して強い=”鉄骨”が軸になり、その周りを熱に強い=”コンクリート”に囲まれて、なおかつ鉄筋も入っている柱になるので、よほどの事が無い限り、建物崩壊が考えにくい事になります。

ラーメン構造

ラーメン構造とは、建物の構造躯体(骨組)の種類の1つです。

建物の柱と梁が溶接されて一体となった構造のことで、”剛接骨組構造、剛接架構”とも訳されます。

耐力壁や筋交いを入れなくても、地震などの横揺れに耐えられる構造なので、壁などのない自由な空間を作りだす事ができます。

低層の建物から超高層の建物(タワーマンションや駅前ビルなど)まで幅広く対応できる構造で、鉄骨造(S造)や鉄筋コンクリート造(RC造)が一般的に用いられる構造です。

現状有姿・スケルトン渡し

建物内の床・壁・天井などの内装が、一切なされていない状態で貸し出す事を言います。貸倉庫や貸事務所・貸ビルなどでは、”現状有姿”という引渡しと”スケルトン渡し”という引渡しなどがありますが、現状有姿とスケルトン渡しとは少し意味合いが異なります。

例えば、現状有姿は、その名の通り、”今の貸倉庫のある姿そのままでの引渡し”を指し示します。例えば、掃除も行なっていない汚いままの状態であったり、前入居者が退去したままの姿だったりします。借主側の利点としては、一般的に現状有姿の場合は、その分、賃料設定などが相場より安くなったり、貸主への交渉材料に使われる事が有ります。

貸倉庫は基本的に何もない”箱”を貸す事になりますので、スケルトン(何もない状態)にして貸し出す事は通例です。ですので、現状有姿とスケルトン渡しという内容で良く使い分け・利用されるのは、貸店舗物件などの場合が多いです。

例えば、飲食店跡地物件の場合…

現状有姿=そのままの状態

もしかしたら前入居者が中華料理店であれば、その内装などが残っている可能性があります。ですので、前入居者の設備などが有効活用できる場合は、それだけのメリットがあります。ただ、通常で言えば…綺麗ではありません。

スケルトン渡し=何もない状態

前入居者がどのような業種で、どのように利用されていても、何もない状態にして貸し出すという事になります。全ての内装を一から作り上げなくてはなりませんので、内装コストが高くなってしまいます。但し、自由度が高いだけに全て好みのデザインなどに仕上げる事が可能です。

LGS

LGSとは”軽量鉄骨”の事を指し示します。

例えば、貸倉庫内に事務所を作る際は、間仕切壁を造作します。その間仕切壁自体は、このLGSにて間仕切壁の骨組みを作り、その両面に石膏ボード(プラスターボード:PB)などを貼り付け、間仕切壁自体を作ります。PBを貼り付けた壁などに、壁紙(クロス)などを綺麗に貼り付ける事によって、貸倉庫内に事務所という空間が出来上がる事になります。もちろん、この方法は、貸倉庫内だけでなく、一般の貸事務所ビルなどでの間仕切壁にも用いられております。

LGS自体は、その名の通り、非常に軽量であり、厚みのあるものでは有りませんので、非常に加工がしやすいという点が最大の特徴です。スチールパーテーションやプレハブ小屋などと比較される事が有りますが、LGSで造作する壁は、希望するサイズに対して自由に作りこむ事が出来ます。あと、造り壁になる為、LGSとPBの間には、約10㎝ぐらいの空間が発生します。その空間には、防音・遮音・断熱の為に、グラスウールと呼ばれる断熱材を敷き詰めたりすることもありますが、電源コンセントや照明スイッチ、空調スイッチなどを仕込む事が出来ます。これがスチールパーテーションやプレハブ小屋などの場合は、希望する場所にコンセントなどを付けたい場合、どうしても露出(モールなどで対応)での設置になります。

尚、LGSのデメリットとしては、造り壁の為、簡単に移動させる事が出来ません。どうしても移動させる場合は…潰す(取り壊す)しかない…というのが最大のデメリットです。